開催報告

2018年6月開催報告

更新日:

こんにちは、平城です。

6月2日(土)〜3日(日)に、東京の目黒にあるホテル雅叙園にて、命運の成幸フォト撮影会を開催しました。

5月に開催し、参加者の方からとても好評だったので、今回もこちらの会場を選択。

今回の参加者は、
Y.K.さん(40代男性/東京都)
N.H.さん(50代男性/東京都)
S.N.さん(40代女性/愛知県)
O.Y.さん(40代女性/富山県)

の合計4名。
今回も満席での開催となりました。

私は集合時間の10時よりも一足早めに参加して、ラウンジの窓際を確保。

参加者が満員の場合、孔明さんの鑑定は午前中からスタートします。

ホテルへのチェックインが午後からになるので、午前中はラウンジでの鑑定となります。

最初に到着されたのは、愛知県からお越しの40代女性S.N.さん。

まずは撮影で使う衣装のチェックを行い、孔明さんの鑑定に入ります。

Sさんの鑑定中に、他の方も次々に到着。

それぞれ衣装チェックを行い、最初の衣装に着替えていただきます。

そして各々の『門』を孔明さんに算出していただき、『門』に沿った撮影を行っていきます。

『門』は生年月日から算出されるもので、大枠では5タイプ、細かくは10タイプに分類されます。

そして概要としては、

  • 立門、官門の場合・・・カメラ目線◯
  • 創門、修門の場合・・・カメラ目線△
  • 財門の場合・・・カメラ目線✕

という感じで分類されます。
後は個々の雰囲気に合わせて、私の感性に任せて撮影していきます。

Facebook、インスタグラムなどの投稿を見ていると、『自撮りがイケル人』『自撮りがイタイ人』、分類されることがわかります。

『自撮りがイタイ人』は、実は財門だった、ということはよくあります。

世間一般的には、

  • 美男美女は自撮りOK
  • そうでない人は自撮りNG

と思われがちですが、実はそうでもありません。

『あの人、そんなにイケメンじゃないけど、自撮りはアリだな〜』

『あの人、美人だと思うけど、自撮りはなんか違和感あるな〜』

という場合は、まずその方の『門』と写真での演出方法にズレがある、と考えて良いです。

写真だけでなく、文章での言葉遣いにも、『門』に即したものがあります。

『門』に即しているとは、自身の本質に沿っているということであり、本質に沿っているほうが、結果も出やすくなります。

私は以前、『門』のことを知るまでは、自撮りが苦手で、風景写真や自分が写っていても遠目の写真やカメラ目線じゃないものが多かったのですが、孔明さんに鑑定していただいた結果、

月官門+陽立門

であることがわかり、それ以降少しずつ、カメラ目線の自撮り写真を掲載するようになったのです。

ある時、私が自撮り写真を投稿したところ、ある方から次のようなコメントが入りました。

『久しぶりに平城さんの顔が見られて、元気が出ました!』

このコメントを読んで、私自身が驚きました。

後からわかったこととして、立門の人はエネルギーが常に体内から沸き起こる『自家発電』ができるので、他の人達にエネルギーを配ることができる、ということ。

これを知った時に、私の写真からもエネルギーが発せられていて、写真を見た方にこのエネルギーが伝わったのだ、ということを理解したのです。

逆に孔明さんは月財門なので、自撮り写真は絶対にアップしません。

自撮りがNGな月財門の方が自撮り写真をアップすると、『ドヤっている』というように見えてしまうようです。

『門』への理解を深めていくと、SNSでの振る舞い方だけでなく、仕事やプライベートの人間関係をより良くする方法や、
自分の人生の方向性(独立すべきか雇われが良いか)といったこともわかってきます。

自分の身の回りに起きていることも、よく理解できるようになります。

まさに、『悟りの境地』に近づいていきます。

このようなことを考えながら、他の方の撮影も行っていきました。

ランチはそのままラウンジ『Pandra』にて、特製のハンバーガーやピザを食べながら、参加者全員でざっくばらんなお話タイム。

今回は20年以上古武術を嗜んでこられたY.K.(男性)さん、家業が老舗の呉服屋であるO.Y.さん(女性)と、日本の歴史や文化に関わりのある方が2名もいらっしゃったので、そういった話題で盛り上がりました。

夜は同じく雅叙園内にある高級グリルレストラン、『New American Grill KANADE TERRACE』にて、個室を貸し切ってのディナー。

スパークリングワインやカクテルを含む、合計20種類以上のお酒が飲み放題のコース。

今回は参加者全員がお酒好きということもあり、思う存分楽しんでいただけたようです。

そして、前回惜しくも時間切れとなり撮影できなかった、『夜にライトアップされた滝での撮影』も実現することができました!

この滝はとても幻想的で、さらには夜は人が殆どいなくなるので、貸し切り状態での撮影となりました。

撮影した成幸フォトをその場で参加者の方にお見せすると、『素敵ー♡』と歓声が湧き上がり、ご本人もどんどんテンションが上っていきました。

 

2日目は朝9時にスィートルームに集合し、約2時間かけて、参加者に応じた『命運調整のための秘伝講義』を実施。
過去に1,000人以上の鑑定を行い、億単位のビジネスを次々に生み出してきた孔明さんのほうから、現代社会の流れを考慮しつつ、参加者の状況に合わせたアドバイスを実施。

個別鑑定の結果と合わせて、理解を深めることができます。

講義の内容は全て録音可なので、後でご自宅で何度も復習が可能です。

そして最後に、参加者全員での記念写真撮影。

成幸フォトでマスターした笑顔で、有終の美を飾りました。

今回の参加者の皆さんからも、とても熱い感想をいただきました。

『命運の成幸フォト撮影会』参加者の意気込みと感想

Y.K.さん(40代男性/東京都)

1)参加動機

自分にとって効果的な塩梅で情報発信ができるようになりたかったため、参加しました。

2)2日間で得たいこと

命運に則った情報発信の方法、
パートナーを得るタイミング、マネタイズ方法、ビジネス戦略

3)真田孔明の命運門鑑定を受けた感想

門鑑定は以前に受けていて、生まれながらの囚われは理解していたので、
主に四柱推命をもとにした命運についての鑑定についてお話いただきました。
過去の命運はほぼ当てられ、これからの命運についての展望について、
ポイントを絞ってお話いただきました。
余計な情報を入れない分、大事なところに意識が
向いて、シンプルに腹落ちできました。
様々な話題でお話を伺う中に今後の取り組み
ヒントとなる言葉もあり、非常に有意義でした。

4)平城寿の成幸フォトを撮影した感想

今まで写真を撮られることには慣れていなかったのですが、
平城さんのリードに任せて、安心して取り組むことができました。
撮影された画像を見せていただいた時には
普段自分が写っている写真とは雰囲気が異なり
自分ではないような印象に驚きつつも、とても楽しかったです。
それにしても撮影されている平城さんは
キビキビと自らの姿勢を変えてアングルを
微調整しながら撮影されている身のこなしを間近に見て、
非常に身体能力の高い方だなと、感心いたしました。

5)『命運の成幸フォト撮影会』体験をどのように活用したいか

孔明さんの鑑定をもとに自分自身について理解を深めることができ、
平城さんからは自分の魅力を
デジタル空間上で表現する写真をいただけるので、
あとは自らを言語化するだけだなと思っています。
これからは自分の物語を適切に表現できるよう、
コツコツと取り組んでいきたいと思っています。

S.N.さん(40代女性/愛知県)

1)参加動機

発動に興味を持ち申し込みました。

2)2日間で得たいこと

今後の仕事に関してアドバイス貰えたら嬉しいです。

3)真田孔明の命運門鑑定を受けた感想

二日間楽しかったです!たくさん話を聞いて下さり、すごく満足しました。
鑑定は、これがほんとに私の結果!?と思えるような、
素晴らしいことを言ってもらえて、でも不思議と受け入れられて、
この先の人生も安心してていいし、楽しんでいこう!と思いました。
月創門でしたが、これからの10年は組織に入っているほうがいいとか、
30年先の流れまで聞くことができて良かったです。
鑑定を受けたあと、鏡で自分の顔を見たら
目の奥の光が違っている気がして何か変化してると感じました。

4)平城寿の成幸フォトを撮影した感想

写真はもともと苦手で、
うまく表情が作れなくてお手数をかけてしまいました。
平城さんや周りのかたにも支えて頂き、
何度もポーズとかも教えてもらえて
何度も繰り返していくうちに
撮られるのが本当に楽しいと思えるようになりました。
あんなにたくさん写真を撮ってもらったのは人生初で、
忘れられない日となりました。
他の参加者のかたの写真を見ても、
どれもすごくいい!と思えるものばかりで、
平城さんだからこそ撮れる写真、引き出せる表情なのだと思います。

5)『命運の成幸フォト撮影会』体験をどのように活用したいか

限りある人生を、余すところなく楽しんでいきたいです!
ワンピース読んだり、まずは自分の門や星?を落とし込んでみますね。
あと写真の顔だしもしていくことにします。
また機会があれば皆さんとお会いしたいです。
魔法にかけられた二日間でした。
ありがとうございました。

O.Y.さん(40代女性/富山県)

1)参加動機

山本瑠璃さんの写真が素敵だったこと

2)2日間で得たいこと

パワーの注ぐべきことやところを知り、今からの人生を充実させたい。

3)真田孔明の命運門鑑定を受けた感想

単に「当たる」という次元ではありません。「なぜ、ご存知なのですか?」というのが正直な感想です。

いままで点で存在していた疑問や問題が、すべてつながったような体験でした。

自分に合った神社やお寺を教えていただいたことで、やみくもにパワースポットめぐりや神社めぐりをする必要がなくなり行動がシンプルになると思いました。

録音した会話を聞き返すと、自分がいかに、だらだらと着地点のない会話をしていたかと思うと恥ずかしいです。「質問だけに答える」を会得したいと思います。

4)平城寿の成幸フォトを撮影した感想

平城さんのソフトなご指導で笑顔の作り方にはじまり、
視線やポーズ、背景との構図、すべてが調和し
未知の自分をとても素敵に撮ってくださいました。
早速、写真を送ってくださりFBのプロフィール写真にアップしたところ、
ここ3年ほどFBをお休みしていて「お友達」も断捨離していたにもかかわらず、
90人もの方から「いいね」をいただき、コメントも多数いただきました。

5)『命運の成幸フォト撮影会』体験をどのように活用したいか

平城さんからご指導いただいた笑顔を
日常で意識し過ごしていきたいと思っております。
これからの、人との出会いがとても楽しみです。

N.H.さん(50代男性/東京都)

1)参加動機

東京から地方に転勤になり、金銭的な理由で
会社を辞めることができずに引越をしました。
それ以来、人生の目標を見失ってしまいました。
今回のセッションを受けて、今後の人生の方向性や
生きていく上での灼熱のモチベーションを
掴みたいと思って参加しました。

2)2日間で得たいこと

過去に起こった事を当てていただき、
未来に起こる事を教えていただき、
これからどのように生きていくべきかを決めたい。
成幸フォトの撮影によって魅力的な笑顔や表情を
日常生活の中で意識的に作ることができるようになりたい。

3)真田孔明の命運門鑑定を受けた感想

実は、門鑑定を受ける前、すごく怖かったです。
自分の未来を知りたいと思う半面、どのような未来が待っているのか?
勢いで申込をしたものの、本当に怖かったです。
しかし、門鑑定を受けて、過去に起こった出来事は全て当たっており、
ビックリしたと同時に、自分には明るい未来が待っていることがわかり、
生きていく希望が出てきました。
人生目標を見失っていて、
ただ生きているだけの状態に陥っていたのですが、
今後どのように生きていけば良いのかがわかったので、
今回、門鑑定を受けて本当に良かったと思います。
孔明さん、本当にありがとうございました。

4)平城寿の成幸フォトを撮影した感想

今回の成幸フォトの撮影を通して、
魅力的な笑顔や表情を身につけたいと思っていたのですが、
周りの参加者の方々の反応から、どうやら見につけつつあるようでした。
1日目は笑顔で撮影してもらっている時に、
顔の筋肉がひきつっていましたが、2日目ではそれがなくなりました。
また今回、生れて初めて写真を撮ってもらうのが
恥ずかしいと思ったのですが、それも2日目には平気になりました。
平城さんは、地べたに這いつくばったり、
斜面につらい体勢になったり、本当に献身的に撮影をしていただき、
驚きと感動を覚えました。
平城さん、本当にありがとうございました。

5)『命運の成幸フォト撮影会』体験をどのように活用したいか

今回、門鑑定により、どのように振る舞い、
生きていけば良いかという戦略を授かり、笑顔という武器も授かりました。
そして、私の場合は自慢話をするのではなく、
情けない話をした方が人を
惹き付けられる(受け入れられる)ことがわかりました。
今回の体験を活かして、実社会でもいつも笑顔で情けない話をして、
人徳を磨いていきたいと思います。
今後、周りの人たちの反応や、自分の人生が楽しみになりました。
そして最後に、孔明さん、平城さん、2日間本当にありがとうございました。

-開催報告

Copyright© 命運の成幸フォト撮影会 , 2018 All Rights Reserved.